会 長 挨 拶

2016年8月

北海道民族学会の役割

会長 岩崎まさみ


 Japanese Review of Cultural Anthropology Vol.16で、日本と関わりの深い海外の研究者たちが、「国際化する日本の文化人類学」というテーマで意見を交わしています。多くは定番の意見であり、日本人研究者がいかに世界の先端研究から取り残されているか、またその理由は日本人研究者の語学不足にあるなど、すべてどこかで聞いたことがあるような意見です。しかしその中で気になる一文がありました。それはこのような内容です:「アメリカでは大学のブックストアでない限り、人類学関連の本を手に入れることができない。しかし日本では一般書の中に人類学関連の研究成果本があり、しかも会社帰りのサラリーマンのような風貌の人たちがそれらの本を立ち読みしている」。
 もちろん、その背景には出版業界の事情や、研究者の業績に対する評価基準の違いなどがあります。しかし、一般的に日本では文化や民族に関する興味が高いのも事実です。文化や民族に関する本が街の本屋に並んでいるばかりでなく、地方で開催される文化・民族をテーマとするシンポジウムには、一般の人々の参加もあります。この現象は北海道民族学会においても同様であり、研究会には特定の研究報告やテーマ全体に興味のある方々の参加をいただいています。また北海道民族学会では会員であれば、だれもが日頃の研究成果を発表する機会があります。
 過度に専門化した文化人類学が一般社会から分離してしまっているという問題を抱える海外の多くの国に比較して、日本の現状はかなり健全であると言えます。研究成果が還元されるべき一般社会との有機的な繋がりが保たれているからです。そのように考えると、地方の学会として成長してきた北海道民族学会にとって、今後、果たすべき役割の一つが見えてくるような気がします。それは一般社会との接点を充実させることにより、国際化する日本の学術研究を下支えするということではないでしょうか。






2015年7月

2期目にあたって

会長 岩崎まさみ


 2015年度第1回研究会および総会をもって、学会としての新たな1年が始まりました。また本総会において、会長・事務局・運営委員の現体制をもう1期継続することが承認され、私たち、役員の新たな任期が始まりました。皆さんとアイディアを出し合って、研究会や学会誌のさらなる充実など、学会の発展に貢献したいと決意を新たにしています。
 研究会では、4人の若手会員の皆さんから、それぞれの研究成果を報告していただき、その後、フロアーの皆さんには熱心に質疑応答に参加していただきました。研究という孤独な作業の成果を会員の皆さんに報告し、多様な視点から質問や意見を投げかけ合うことが学会としての存在意義であることを再確認しました。また本年も学会賞(奨励賞)を荒山千恵さんに授与することができたのは、学会として非常に喜ばしい限りです。
 今回の研究会では、岡田淳子先生の北海道文化賞受賞を記念して座談会を企画しました。岡田先生に加えて、津曲前会長、そして次世代会員の代表として中田篤さんにも出席いただき、それぞれの立場から「北海道民族学会の回顧と展望」についてお話しいただきました。北海道民族学会のこれまでの歴史を振り返る機会となったことに加えて、後半では会員の皆さんからも多くの意見が出され、北海道民族学会のこれからを担う皆さんの熱意を大いに感じることができました。
 1981年に設立して以来、多くの会員の皆様に支えられてきた北海道民族学会の歩みですが、その歩みをさらに一歩進めて行くことができるように、会員の皆様のさらなるご協力をお願い致します。







2014年7月

研究会・総会を終えて

会長 岩崎まさみ


 会員の皆さんのご協力を得て、2014年度第1回研究会、及び総会を終えることが出来ました。心からの感謝を申し上げます。今回の研究会では初登場の会員の方々も含め、4名の方々からの研究報告があり、沼田町のかっぱに関するうわさの研究から環北太平洋のニシン漁、さらには明治・大正期のアイヌ研究者に関する研究など、興味深いテーマに質疑応答にも熱が入りました。このように分野にとらわれずに、多岐にわたるテーマを取り上げて研究報告ができる場を提供するという事は、北海道民族学会が地域の学会として果たす重要な役割であると考えています。今回の研究会では、その事を強く感じる事が出来たのではないでしょうか。同時に、これらの研究報告を通して、北海道のダイナミックな地域的特徴から、様々な研究テーマが生まれてきている状況を垣間見ることが出来たと思います。
 総会では通常の決算報告と予算案の審議に加え、これまでの会誌をアーカイブ化し、学会ホームページ上で公開する事を決定しました。今後は、これまで北海道民族学会を支えてきた多くの研究者の研究の足跡を、ホームページで読むことが出来るようになります。また、総会の最後には学会賞授賞式が行われました。第1回の昨年度に続き、本年度も学会賞(奨励賞)の受賞者が決定したことは喜ばしいことです。すでにホームページ等でご存知の通り、本年度の学会賞は北方民族博物館の山田祥子さんに授与され、若手の女性研究者の活躍を会員の皆さんと一緒に祝いました。今後、学会賞の記録に、さらに多くの若手研究者の名前を連ねて行ける事を祈っています。
 第2回研究会は帯広百年記念館を会場に開催される予定です。ぜひ一人でも多くの方々にお集まり頂きたくお願い致します。







2013年7月

就任にあたって

会長 岩崎まさみ


 北海道民族学会創立から30年が過ぎ、学会として成熟期に入ろうとする重要な時期に7代目の会長を務めさせていただくことを光栄に感じると同時に、その責任の重さを実感しています。私事ですが、アメリカ・カナダで大学・大学院を過ごして1994年に帰国し、「師を持たない孤独」を感じていたときに、仲間として暖かく受け入れてくれたのが北海道民族学会でした。それ以来、この学会をホームグラウンドとして、研究発表や意見交換、その後の懇親会などで、会員の皆さんに指導を受けてきました。
 北海道民族学会は「民族学」という「大きなくくり」である特徴を活かして、言語や人類学、歴史、さらには栄養学などの幅広い分野の研究者の意見交換の場となっています。また北海道という土地柄を反映した研究課題も多く扱われ、他の学会には見られない独自性を誇る学会です。会長就任にあたり、北海道民族学会がますます多くの研究者、とりわけ若い研究者の皆さんの意見交換の場となり、将来にわたって北海道における民族学研究の拠点となるように、会員の皆様と一緒に努力していきたいと考えています。








2013年7月

退任にあたって

会長 津曲敏郎


 2005年以来、4期8年に渡って会長を務めさせていただきました。この間、研究発表や会誌投稿をとおして、あるいは研究会・講演会などの活動に参加して、会を盛り上げてくださった会員の皆様にまずもって感謝申し上げます。
 岡田淳子・前会長が創刊された会誌『北海道民族学会会報』をもとに、査読制を導入して装いもあらたに再出発した『北海道民族学』誌も順調に号を重ね、本年度には節目の10号を数えます。今後ますますのレベルアップとボリュームアップを目指したいものです。
 会員および一般の方々に向けての情報発信として2005年に立ち上げたホームページも頻繁に更新を重ねることで、着実なアクセスを得ています。
 2009年度から、年に2回の研究会のうち、秋の大会は札幌を離れて地方で開催することが定着しつつあります。昨年度は2回とも札幌開催となりましたが、今年度はまた網走での開催が予定されています。
 さらに、先ごろ行われた今年の総会では、初の学会賞授賞式を執り行うことができました。特に若手を対象とした奨励賞が、本人はもとより、同世代の若い研究者の目標と励みとなることを期待します。
 在任中、こうした活動を展開できたのも、事務局や会計担当者の献身的な努力をはじめ、役員の皆様の応援や励ましが得られたからにほかなりません。もちろん会員の皆様のご理解・ご協力が大きな力となったことは言うまでもありません。会長として、大変恵まれた8年間だったと思います。今後は一役員として岩崎新会長を支えていく所存です。
 北海道民族学会のさらなる発展のため、引き続きご支援・ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。



2005〜2012年度 会長挨拶

         

inserted by FC2 system